第3課 リバイバルを促進する方法

リバイバル講演集
スポンサーリンク

休閑地を耕せ。
主を求める時が来た。
ついに主が訪れて
正義をあなたがたの上に注がれる。(ホセア10:12)

 南ユダ王国は農家の国だったので、聖書では彼らの職業や、農家と羊飼いになじみのある場面にたとえることがよくあります。預言者ホセアは南ユダを信仰が後退した国とみなし、偶像崇拝を非難し、恐ろしい神の裁きについて警告します。私は最初の講義で、リバイバルとは何か、それが何であるか、そしてそれを促進するために用いられる関係者を明らかにしました。そして私の二番目の講義では、リバイバルが必要なとき、その重要性、そしてそれを期待できるときを示しました。今回の講義での主題は、リバイバルを促進する方法です。
 リバイバルは2つの部分で構成されています。1つは教会で、もう1つは未信者です。私は今回、教会でのリバイバルについて話します。休閑地とは、かつては耕作されていましたが、現在は荒れてしまっていて、種を蒔く前に耕してやわらかくする必要がある土地です。教会でのリバイバルに重点を置いて、下記の内容を扱います。
1. 聖句の中の休閑地を耕せとはどのような意味か
2. それがどのように実行されるのか

1. 休閑地を耕すとはどのような意味か

 休閑地を耕すとは、あなたの心を打ち砕くことです。つまり、神の御前で実を結ぶために、あなたの心を整えることです。人間の心は聖書の中でしばしば土地にたとえられ、神の御言葉は土地に蒔く種にたとえられ、実は御言葉を聞く人々の行動と感情を表しています。だから、休閑地を耕すということは、心を神の御言葉を受け入れるのにふさわしい状態にすることです。時々、あなたの心は乾いて固くなり、御言葉を受け取ってもすべて無駄になってしまうことがあります。そういうときは、心がすべて耕されてやわらかくなり、神の御言葉を受け取れるようになるまで、決して実を結ぶことはありません。預言者が休閑地を耕せと叫ぶのは、真実を悟れるように柔和な心を持たせるためです。

2. 休閑地はどのように耕されるか

 1.感情は、人間の努力の結果によるものではありません。心の法則を考慮しないと、この点で間違いを犯します。心を制御する法則に関しては、大きな誤解があります。人々は、自分の努力によって宗教的感情を呼び起こすことができるかのように考えます。しかし、心はそのような方法では働きません。ただ感じようとするだけでは、感情を呼び起こすことはできません。心に抱く感情は、私たちが直接制御できないものです。私たちは望むことによって、あるいは自分の意志の力によって、宗教的感情を呼び起こすことはできません。それは霊を深いところから呼び起こそうとするようなものです。感情は純粋に無意識な心の状態です。それを呼び起こす特定の状況下で自然にまたは必然的に、感情は心の中に生じます。しかし、感情は間接的に制御することができます。もし、感情を制御する方法が全くなければ、私たちの感情に道徳的な性質を持つはずがありません。私たちは「今、私はこのことに関してこれこれこのように感じよう」とは言えません。しかし、私たちは感情に注意を向け、ふさわしい感情が生じるまでじっと集中することはできます。家族から離れて暮らしている人が、家族のことを考えれば、家族への思いがこみ上げて来ませんか。しかし、それは「これから私は家族のことを深く感じます」と自分に言い聞かせることではありません。人は何であれ感情を持つべきであり、持ちたいものに対して注意を向けることができ、そうすることで、ふさわしい感情を抱くことができます。心に敵を思い浮かべると、敵意がわいてきます。だから、人が神について考え、神の性格の様々な部分に心を留めるなら、心の法則によってふさわしい感情を抱きます。もしその人が神の友人であれば、彼に神を恵み深く、聖なるお方と考えさせましょう。そうすれば、彼は神への友情を心に燃え上がらせるでしょう。もしその人が神の敵であれば、ただ彼の心に神の本当の性格を示し、注意を向けさせるだけで、神への敵意が増し加わるか、打ち砕かれて神に心を明け渡すでしょう。
 もし、あなたの心の休閑地を耕し、信仰について熱い思いを抱きたいのなら、他のことについて感動する場合と同じように努力しなければなりません。信仰以外のことについて考え続けながら、数回集会に行くだけで感動を得ようなどと想像してはなりません。信仰以外のことと同じように、常識的な方法で努力してください。他の主題と同じように、信仰の主題について感動するのは簡単です。神は感情についての心の状態をあなたの制御の下に置いてくださいました。あなたが手足を動かす方法を理解しているのでこの本を手にとって読むことができるのと同じように、あなたは感情を調整する方法を簡単に理解することができます。
 心の休閑地を耕すつもりなら、あなたは自分の心を見ることから始めなければなりません。あなたの心の状態を注意深く調べて、あなたがどこにいるかを見なさい。多くの人はこれについて考えたこともありません。多くの人は自分の心に注意を払わず、自分たちが信仰においてうまくやっているかどうか、自分たちの信仰が成長しているのか後退しているのか、実り多いのか、休閑地のように無駄になっているのかを知りません。今こそ、あなたは他のものに関心を注ぐのをやめて、自分の心を探ることに集中しましょう。それを真剣に取り組む課題としましょう。急いではいけません。心の状態を徹底的に調べて、あなたがどこにいるのか、毎日神と一緒に歩んでいるのか、それとも悪魔と一緒に歩んでいるのか、神に仕えているのか、それとも悪魔に最も仕えているのか、闇の君の支配下にあるのか、はたまた主イエス・キリストの支配下にあるのかを確認してください。
 これを完全に行うには、自分の罪について考えるために努力する必要があります。あなたは自分自身を調べる必要があります。そしてこれは、あなたが立ち止まって自分の現在の感情の状態がどうであるかを知るために、直接感情自体を見なければならないという意味ではありません。そんなことをすれば、すべての感情を止めてしまうことになります。これは、目を閉じて、網膜に映像が映っていないかを確認するために目を内側に向けようとするのと同じくらいばかげています。その人は「何も見えない」と文句を言います。なぜ見えないのでしょうか。その人が目を閉じているからです。実際には、私たちの霊的感情は五感と同じように意識の対象です。そして、感情を生じさせる方法は、行動を続け、心を働かせることです。そうすれば、手を火の中に入れれば、意識によってどういう感じがするのか自然にわかるように、意識によって霊的感情の状態を知ることができます
 自己点検は、あなたの人生を顧みて、あなたの行動について深く考え、過去を振り返り、そしてあなたの真の人格を知ることにあります。あなたの過去の歴史を振り返ってください。あなたの個々の罪を一つずつ取り上げて、それらをよく見てください。過去の人生を一瞥して、罪に満ちているのを見て、神の御元に行って、一般的な罪の告白をして、赦しを求めるべきだという意味ではありません。それは自己点検の正しい方法ではありません。あなたは罪を一つずつ取り上げなければなりません。ペンと紙を持って、罪を調べて、思いつく限り書き留めるとよいでしょう。商人が勘定書きを書くのと同じくらい丹念にそれを行ってください。そして、罪について記憶がよみがえるたびに、リストに加えてください。罪の一般的な告白は決してしません。あなたの罪は一つずつ犯されました。そして、あなたが思い出せる限り、罪は一つずつ点検され、一つずつ悔い改められるべきです。さあ始めましょう。そして最初に、怠慢の罪と呼ばれる、よく見られるものではありますが不道徳なものを見ていきましょう。

怠慢の罪

 1.忘恩。まずはこの罪を取りあげて、あなたが神からの恩恵を受けたのに、感謝をささげなかったことについて、覚えているすべての事例をその下に書き留めてください。何件くらい覚えていますか。あなたは何度か、注目すべき神の導き、素晴らしい状況の好転によって破滅から救われました。あなたが回心する前、罪の中にいたとき、あなたに対して神が良くしてくださった実例を書き留めてください。それから、あなたが回心するときの神の憐れみについて、あなたは受けた憐れみの半分も感謝を表したことがありません。それ以降も、あなたは数々の憐れみを受けてきました。あなたの忘恩の罪がどす黒く、恥ずかしくて顔を隠さずにはいられないほど悪い実例で埋め尽くされている期間はどれくらいでしょうか。ひざまずいて、それらの罪を一つずつ神に告白し、赦しを求めてください。告白の最中にも、連想によって、他の忘恩の罪の記憶がよみがえってくるでしょう。これらも書き留めてください。これらのことを3、4回繰り返すと、一度も神に感謝したことがなかった驚くほどの量の神から受けてきた憐れみが発見できます。次に、別の罪を取り扱います。
 2.神への愛の欠如。あなたが祝福に満ちた神にささげるべき心からの愛をささげなかったことについて、覚えている限りのすべての事例を調べて、それを書き留めてください。
 妻、夫、または子供たちからのあなたへの愛が薄れている兆候を感じた場合、どれほど悲しみ、苦しむかを考えてください。もし、他の誰かが彼らの心、考え、そして時間を占めていたらどうしますか。おそらく、そのような場合、あなたはごく正当で高潔な心から出る嫉妬によって死にそうになるでしょう。さて、神は嫉妬深い神です。あなたは神以外のものに心を向けて愛し、娼婦のようになって、神を激しく怒らせませんでしたか。
 3.聖書を軽んじること。何日も、そしておそらく何週間も、場合によっては何ヶ月もの間でさえ、あなたは神の御言葉に喜びを感じなかったことがあるでしょう。その事例を書き出してください。おそらく、あなたは1章も読まなかったか、あるいは読んだとしても、神を不快にさせる読み方で読んだことでしょう。多くの人は、聖書全体をそういう読み方で読んでいるので、決めたところまで読み終わっても、それまで何を読んでいたのかわからなくなります。彼らはほとんど何の注意も払わずに聖書を読んでいるので、しおりをはさんだりページの端を折ったりでもしない限り、朝から晩まで読んでもどこまで読んだかすら思い出せません。これは、彼らが読んだことを心に留めておらず、それを熟考の対象にしなかったことを示しています。小説や、興味のある他の読み物を読んでいたら、最後に読んだ内容を覚えていませんか。そして、あなたがページの端を折ったり、しおりをはさんだりしなければならないという事実は、あなたが神の御言葉に対する愛や畏敬の念からではなく、むしろタスクとして読んだことを示しています。神の御言葉はあなたの律法主義的な義務です。また、あなたは読んだものを覚えていないほど御言葉に関心を持っていないのですか。もしそうなら、あなたがでたらめな生活をしていて、あなたの信仰が悲惨な状態だとしても何の不思議もありません。
 4.不信仰。あなたが真実な神の明白な約束と宣言を信じないことによって、事実上神を嘘つきとみなした事例についてです。神は求める者に聖霊を与えると約束されました。さて、あなたはこれを信じましたか。神が与えてくださることを期待しましたか。聖霊を求めて祈ったとき、「私は聖霊を受け取ることができるとは思わない」と心の中でつぶやいたことはありませんか。神がはっきりとなさった祝福についての約束を信じることも期待もしていなかったら、あなたは神に対して嘘をついたと告発したことになります。
 5.祈らないこと。奥まった部屋での祈り、家族での祈り、祈祷会などを怠るか、神を完全に無視するよりももっと悪い、神を怒らせるような方法で祈ったことはないでしょうか。
 6.恵みの手段を軽んじること。単に霊的な義務を果たしたくばかりに、集会に出席せず、後でくだらない言い訳を考えることに苦労したことはないでしょうか。また、救いの働きを無視したり、侮ったりしたことはないでしょうか。
 7.これらの義務を履行したときの態度が、気持ちがこもっておらず、不誠実であり、世的な考え方をしていたのであれば、あなたの言葉はただの恥知らずなおしゃべりに過ぎず、神が最小限の注意を払うにも値しません。あなたがひざまずいて祈るとき、祈りを終えてクローゼットを出てから5分後に何を祈っていたのかわからなくなるほど無感覚で散漫な祈りをしてしまうことはないでしょうか。
 8.隣人の魂への愛の欠如。あなたの友人や親類を見回して、あなたが彼らに対してどれほど少しの思いやりしか感じてこなかったかを思い出してください。あなたは彼らがまっすぐ地獄に向かっているのを全然気にしないかのように眺めていました。あなたが彼らの状態を一つの熱心な祈りの対象にしなかった日、あるいは彼らの救いへの熱心な願望さえもしなかった日は何日ありましたか。
 9.異教徒に対する無関心。おそらく、あなたは彼らがどのような状態かを気にかけていません。おそらく、宣教師の報告書を手に取ることすらしていないでしょう。これをもとに、あなたが異教徒のことをどれくらい気にかけているかを考え、彼らに対するあなたの憐れみの感情がどのくらいか、また、彼らの救いに対するあなたの願望がどのくらいかを正直に告白してください。あなたが自己否定を実践し、彼らに福音を届けるために、どのくらい持っているものをささげているかによって、彼の救いを願う願望の度合を測ってください。あなたはお茶、コーヒー、タバコなどの有害な嗜好品をも否定しますか。あなたは節約生活をし、異教徒を救うために多少不便さを感じてでも犠牲しますか。あなたは毎日クローゼットの中で彼らのために祈っていますか。祈祷会に忠実に参加しますか。あなたが祈りに行くとき、主にささげるものをいくらかでも蓄えていますか。もしあなたがこれらのことをしていないのなら、そしてあなたの魂が闇に閉ざされた貧しい異教徒のために苦しまないのなら、なぜあなたは偽善者のくせにクリスチャンのふりをするのですか。なぜ、あなたはイエス・キリストを侮辱するのですか!
 10.家族に対する義務を怠ること。あなたは彼らの前でどのように生き、どのように祈り、どんな模範を示しましたか。あなたは彼らの霊的な益となるように、どのような努力を習慣的にしていますか。あなたは義務を怠っていませんか。
 11.社会的義務を怠ること。
 12.自分自身の生活を見張っていないこと。あなたが私的なことに忙しくて、自分の仕事を怠けたり、正直に神の御前で自分のことを申し述べることを怠ったりしたことはありませんか。あなたが自分の行いを見張ることを完全に怠り、警戒を怠り、世の前、教会の前、そして神の御前で罪を犯したことはなかったでしょうか。
 13.あなたの兄弟たちを見守っていないこと。主にあって彼らを見守るという約束をどれほど頻繁に破っていますか。あなたは彼らの魂の状態をどれほど少ししか知らず、気にかけていないでしょうか。しかも、あなたは祈りの中で彼らを見守ると厳粛な誓いを立てたのです。兄弟たちの状態をよく知るために具体的に何をしましたか。彼らのうちの何人の霊的な状態に関心を持ちましたか。何かしらの怠慢があったならそれらをリストに書き加えてください。あなたの兄弟たちが信仰熱が冷めているのを知りながら、何も言ってあげなかったことが何回ありますか。あなたは彼らが次々と義務を怠り始めているのを見ながら、兄弟愛をもって責めませんでした。あなたは彼らが罪に陥るのを見たにもかかわらず、止めませんでした。それでも、あなたは彼らを愛しているふりをします。なんという偽善者でしょうか。あなたの妻や子供が恥ずべきことをしたり、火の中に入ったりしているのに、平気でいられますか。決して平気ではいられないでしょう。では、あなたは自分がクリスチャンたちを愛しているふりをし、キリストを愛しているふりをしながら、兄弟たちが恥ずべきことをしているのを黙って見ていることについてどう思いますか。
 14.自己否定を怠ること。多くの信徒が自己否定を必要としないことであれば、信仰のほとんどすべてのことを積極的に行います。しかし、自己否定が必要なことを何か要求されると、「それは無茶です!」と音を上げてしまいます。彼らは、自分たちが神のために多くのことをしており、神が望んでいることをすべて行っていると思っています。しかし、彼らは主に仕えるために、どんな娯楽や快適さをも犠牲しようとはしません。彼らは、キリストの御名のためにののしられたくありません。また、世界を地獄から救うために、生活での贅沢を犠牲したくありません。これまでのところ、彼らは自己否定が弟子の条件であることを忘れてしまい、自己否定とは何であるかすら知りません。彼らは、キリストと福音のためにリボン一つやピン一本すらも犠牲したことはありません。ああ、そのような信徒たちはどれほど早く地獄に落ちるでしょう!ある人は自分たちの富をたくさん与え、「他の人ももっと与えるべきだ」と不平を言います。実のところ、彼らは自分たちに必要なものや楽しみに関するものを何も与えず、あり余った富を与えているだけなのです。そしておそらく、毎月の祈祷会で12.5セントを献金する貧しい女性は、数千人がするよりも多くの自己否定を実践しました。
 ここからはの作為的な罪を扱います。

作為的な罪

 1.世俗的な心。世俗的な所有物に関してあなたの心の状態はどうでしたか。自分の意志に従って、自分のために全部処分する権利があるかのように、それらを完全に自分のものと見なしましたか。そういう経験がある場合は、それを書き留めます。あなたが財産を愛して、財産そのもののために、または欲望や野心、世俗的な精神を満足させるために、あるいはあなたの家族のためにとっておこうと、貪欲に求めたなら、あなたは罪を犯したのであり、悔い改めなければなりません。
 2.高慢。高慢になった自分に気づいた事例をできる限り思い出してください。虚栄心は高慢の一つの形です。あなたは自分の服装や外見について、自分が虚栄心を抱いていることに何回気づきましたか。神を礼拝するために心を整えるよりも、教会に行くために自分を飾ることについてもっとよく考え、悩み、多くの時間を費やしたことが何回ありますか。あなたは、神の家に行くとき、心を探求する神の目に自分の心がどのように映るかよりも、死すべき人間の目にどのように見えるかを気にかけました。あなたは実際、自分が神を礼拝する準備をするのではなく、人々から自分が礼拝されるように準備しました。あなたは神の家での礼拝を分断し、あなたの美しい姿によって神の民の注意をそらすために来ました。人々に注目されることについて、何も気にしていないふりをするのは無駄です。正直に言ってください。もしすべての人が盲目だった場合、あなたは外見についてそこまで悩みますか。
 3.嫉妬。どんな点でも自分より上だと思った人をうらやましがった事例を考えてみてください。あるいは、自分よりも才能のある人や役に立つ人をうらやましがっているかもしれません。あなたは彼らが賞賛されるのを聞いて苦しむほど、うらやましがっていませんか。彼らの美徳よりも欠点に、彼らの成功よりも失敗にこだわる方が、あなたにとってより心地よいことです。自分に正直になりなさい。もしあなたがこの地獄のような心を持っているなら、神の御前で深く悔い改めなさい。さもないと神はあなたを決して赦さないでしょう。
 4.批判。あなたが苦い心を持って、慈しみと愛が欠けている方法でクリスチャンについて批判した事例を考えてみましょう。慈しみの心があれば、あなたはその人に対してできるかぎり良いことを望み、曖昧な事柄についてはできるかぎり良い方向で解釈したはずです。
 5.誹謗中傷。あなたが陰で、教会のメンバーや他の人々の過ちについて、事実や憶測で正当な理由もなく不必要に話したら、それは誹謗中傷です。嘘をついていないからといって誹謗中傷の罪を犯していないことになりません。人を傷つける内容の真実を語るのは、誹謗中傷です。
 6.軽率。あなたは地上の権力者の前では絶対にしない軽率なことをどれくらい頻繁に神の御前でしましたか。あなたは無神論者であり、神がそこにおられることを忘れたか、地上の裁判官ほども神とその臨在を畏れませんでした。
 7.嘘。嘘が何であるかを理解しましょう。利己的な理由から意図的にするある種の偽りはすべて嘘です。もし偽りが意図的でない場合、それは嘘ではありません。しかし、あなたが明らかな真実に反することを信じさせようと意図するなら、あなたは嘘をついていることになります。思い出せる限りすべての事例を書き出してください。それらを無害な名前で呼ばないでください。神はそれらを嘘と呼び、あなたが嘘をついたと告げます。あなたは自分自身を正しく告発したほうが良いでしょう。
 ビジネスや一般社会で、利己的な理由で真実に反することを他人に信じさせようとするために言葉、外見、行動などによって、毎日無数の噓偽りがなされています。
 8.不義。あなたがしてもらいたくないことを他人にしてしまった事例をすべて書き出してください。それが不義です。神は人がなすべきことについてのルールを定めました。「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」 それがルールです。そして、そうしていないなら、あなたは不義を行っています。念のために言っておきますが、ルールは、彼らがあなたに行うと合理的に期待できることを行うべきであるということでありません。それではあらゆる邪悪さを認めるルールとなってしまいます。しかし、実際には「人からしてもらいたいと思うこと」をするのです。
 9.偽善。例えば、神への祈りと告白の中で、本当は叶えてほしくないことを祈った例を書き出してください。そしてそのしるしは、あなたが祈った後、自分で何を祈ったのか覚えていないことです。罪を打ち砕くつもりも罪を繰り返さないという厳粛な意識もなく、罪の告白をしたことが何回ありますか。そうです、あなたは罪を告白しておきながら、自分が生きている限り何度でも罪を繰り返すつもりでした。
 10.神から強奪する。空しい娯楽や愚かな会話をしたり、小説を読んだり、何もしなかったりして、神に仕え、魂を救うためにあなたに与えられた時間を浪費した事例を挙げてください。自分に与えられた才能と思考力を間違った目的で用いた場合についてです。自分の欲望を満たすためにお金を浪費したか、必要としないもの、つまりあなたの健康や快適さに資するものではない、役に立たないものにお金を浪費したことはありませんか。もしかしたらあなたは、たばこのために神からのお金を浪費しているかもしれません。私はラム酒についてはあえて触れません。この本を読む人の中にラム酒を飲む信徒はいないでしょう。不潔な毒であるタバコを吸う人も誰もいないことを願います。神からのお金を使ってたばこで自分を毒殺している信徒のことを想像してみてください!
 11.気性が荒い。あなたは自分の妻、あるいは子供、家族、使用人、隣人を虐待したことがあるかもしれません。それをすべて書き出してください。
 12.他の人が神から用いられることを妨害する。あなたは他の人についての悪い噂話をすることによって、彼らの影響力を弱めたことはありませんか。あなたは自分の才能を神から強奪しただけではあきたらず、他の人の手を束縛しました。自分はぶらぶらとうろつきまわり、他の人に対しては働くのを邪魔するとは、なんと邪悪な僕なのでしょう。このことは、他の人の時間を不必要に奪うことによって行われることがあります。時には、クリスチャン同士の信頼関係を破壊することによって行われます。このように、あなたはサタンの手に落ちてしまい、自分自身が怠惰な浮浪者のようになっただけでなく、他の人が働くのを妨げました。
 あなたが誰かに対して過失を犯したことに気づき、その人があなたの手の届くところにいる場合は、すぐに行って過ちを犯したことを告白し、つまずきにならないようにしてください。あなたが傷つけた人が遠すぎて会いに行けない場合は、座って手紙を書き、傷つけた内容を告白し、送料を払って、すぐに郵送してください。着払いではなく、送料を払ってください。さもなければ問題を悪化させるだけです。あなたは送料の請求書を作ることによって、前に負わせた傷に塩を塗ります。自分に責任のあることで手紙を書きながら、送料を払わずに送る人は、不誠実であり、お金をだましとっています。そして、もし小さな誘惑によって六ペンスやシリングを人からだましとるとしたら、大きな誘惑が襲ってきてばれない見込みがあるなら、何もしないということがありうるでしょうか。もし誰かからだまし取ったことがある場合には、お金を利息も入れて全額送金してください。
 これらすべてのことに全力で取り組みなさい。今始めなさい。先延ばしにしないでください。それは問題を悪化させるだけです。神に対して犯した罪を神に告白し、人に対して犯した罪を人に告白しなさい。つまずきの石を避けて通ろうとしないでください。妨げにならないようにそれらを取り除いてください。休閑地を耕すときには、すべての障害物を取り除く必要があります。神があなたに告白して取り除くように求められた何かがまだ残っていて、あなたの高慢さや肉の心がそれを覆い隠してしまったのに、あなたはささいなことだと考えているかもしれません。すべての耕地を耕し、それを掘り起こしなさい。農夫のように言います。躊躇しないでください。少しの困難のためにやめてはいけません。すきを動かしその真ん中に動かし、深く掘り、土をすべて掘り起こします。そうすれば、すべてがまろやかで柔らかい土地になり、種を蒔くと100倍の実を結ぶことができるようになります。
 このように人生全体を徹底的に調べた後、再度慎重に注意深く土を耕すと、先に調べたことと類似する他の罪のことも気付くでしょう。さらに、三度目の調査を行ってください。そうすれば、一度目と二度目に関連する他のことを思い出すでしょう。そして、あなたは最終的に人生で永遠に思い出すことはないと思っていた人生で犯した罪のほぼすべてを思い出すことができることがわかります。このように罪を取り上げて、一つ一つ詳しく考えない限り、罪の量を知ることはできません。神の裁きに備えるように、徹底的かつ慎重に、そして厳粛に罪を調べる必要があります。
 あなたが自分の罪の目録を調べるとき、現在抱えている問題を解決し、全面的に改革するように取り組んでください。何か間違ったことを見つけたら、神の力によってもうそのように罪を犯さないことをすぐに決心してください。誤りがある一つ一つの心、気性、または行動のすべて改めることを決心しない限り、自分自身を吟味することは何の益にもなりません。
 あなたがこの義務を果たしているにもかかわらず、心が依然として真っ暗なことに気づいたら、神の御霊があなたから離れる理由がまだ何かあるということです。あなたは忠実でなく、徹底して取り組みませんでした。自己吟味を進めるためには、自分自身を荒々しく扱う必要があります。自己吟味を行う上での合理的な存在に自分自身を徹して、聖書を前にして、罪意識を感じるまであなたの心を試してください。あなたは神が休閑地を耕すために、奇跡を起こすことを期待するべきではありません。休閑地を耕すことはあなたが然るべき行動をとることによってなされるべきです。あなたの罪の問題に注意を向けなさい。自分の罪を長く、徹底的に見ていれば、それがどれほど悪いかを深く感ぜずにはいられません。多くの人々の経験が、このように私たちの人生を振り返ることの利点を証明しています。今すぐ仕事に取り掛かってください。祈ることができるとわかるまで、決して止まらないことを決心してください。自分自身を調べ、罪を告白し、休閑地を耕すまで、あなたは決して祈りの霊を持つことができません。不法の秘密のすべてを解き明かし、神の御前に罪をさらけ出すまでは、神の霊をあなたの中に住まわせることは決してありません。この深い悔い改めの働きと完全な罪の告白によって、神の御前で打ち砕かれましょう。そうすれば、あなたは自分の体が耐えられる限りの祈りの霊を持つでしょう。クリスチャンが祈りの霊について何も知らない理由は、彼らが自分自身をきちんと吟味するために苦労せず、このように心を砕くことを知らないからです。
 私はこの主題を語り始めたばかりです。これからの講演の中でも、引き続きとりあげていきます。私が言うように始め、続ければ、農夫が休閑地を耕してやわらかくし、種を蒔くときと同じように、確実に結果がついてきます。もしあなたがこの講義の通りに始めて、頑なで冷淡な心が完全崩壊するまで継続できれば、必ずそうなります。

備考

 1.あなたの心が頑なで、空しく、休閑地の状態にある間にあなたに説教をしても意味がありません。それは、農夫が岩に種を蒔くようなものです。それでは実を結びません。これが、教会に実を結ばない信徒がたくさんいる理由であり、教会が機械のように形式的で、深い霊的な感情がほとんどない理由です。たとえば主日学校を見て、どれだけ機械的であるか、そしてどれほど神の力の働きが少ないかを見てください。もしこのままのやり方を続けるなら、古い休閑地に雨や雪がふって芝生を厚くし、土を強くするように、神の言葉があなたをますます頑なにし、悪くさせます。
 2.なぜ多くの説教が無駄になってしまうどころか、かえって悪化させるのかを考えてください。それは教会が休閑地を壊さないからです。説教者が命を尽くして奉仕しても、ほとんど何の役にも立ちません。聴衆が休閑地を一度も耕したことのない、石だらけの心だからです。彼らは半分しか回心しておらず、彼らの信仰は心の感情の変化というよりはむしろ意見の変化です。機械的な信仰は十分にありますが、深い心の働きのように見えるものはほとんどありません。
 3.信徒がただ眠りから覚めたように騒いだり、罪人に伝道したりしているだけでは、決して自己満足したり、リバイバルを期待したりしてはなりません。彼らは休閑地を耕さなければなりません。休閑地を耕さずに信仰に従事しようとするのは、全くの不合理です。あなたが休閑地を耕した後であれば、より多くの感情を得る方法は、外に出て地獄への途上にいる罪人を見て、彼らと話し、求道する魂を救いに導くことです。休閑地を耕さずとも、あなたは感情の高揚を経験することがあるかもしれません。ある種の熱意を抱くこともあるかもしれません。しかし、それは長続きはしません。そして、あなたの心が打ち砕かれない限り、罪人を勝ち取ることはありません。それは、休閑地を耕していないので、伝道が機械的だからです。
 4.最後に尋ねます。あなたは休閑地を耕しますか。今取り上げた自己吟味の課程に取り組み、完全に目覚めるまで頑張りませんか。ここで失敗するか、これを行わないかして、準備ができなければ、講演をこれ以上私と一緒に進めることはできません。あなたの休閑地が耕されることについてまで、私はあなたと一緒に進みました。さて、あなたはこの点について徹底的に取り組まなければなりません。さもなければ、私のこの後の講演はほとんど意味がありません。いや、それどころかあなたを頑なにし、悪化させるだけです。次の課を読むときに、心が打ち砕かれていない場合、恩恵を受けることを期待することはできません。もしあなたがすぐにこの仕事に取り掛からないのなら、あなたはリバイバルを望んでおらず、あなたの牧師を見捨てて一人で戦わせるつもりだとみなします。あなたが休閑地を耕さなければ、私はあなたが悔い改めて最初の奉仕をすることを拒否して、キリストを見捨てたと告発します。しかし、もしあなたが奉仕に取り掛かる準備ができているなら、次の課で、私があなたを罪人を救う奉仕に導くことを神は喜んでおられると確信します。

第2課
目次

コメント

タイトルとURLをコピーしました