同調圧力に屈しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノアの時代に大勢の人がいましたが、
箱舟に入って救われたのはノアの家族8人だけでした。

ソドムとゴモラには大勢の人がいましたが、
裁きの日に助かったのはロトの家族3人だけでした。
正しい者はいつもマイノリティーなのです。

この世の中は私たちを無理矢理1つの意見、1つの型に丸め込もうとしますが、
クリスチャンがクリスチャンとして生きるためには時としてそういう圧力をはねのける必要があります!

たとえ大勢の人が私たちと反対の立場をとり、私たちにもその立場を強制させようとしたとしても、
確実に神様から受けた啓示があるなら私たち同調圧力をはねのけて声高に真理を語りましょう( •̀ω•́ )و

スポンサーリンク

同調圧力に屈しない

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
列王記上22:5-15
5 しかし同時にヨシャファトはイスラエルの王に、「まず主の言葉を求めてください」と言った。
6 イスラエルの王は、約四百人の預言者を召集し、「わたしはラモト・ギレアドに行って戦いを挑むべきか、それとも控えるべきか」と問うた。彼らは、「攻め上ってください。主は、王の手にこれをお渡しになります」と答えた。
7 しかし、ヨシャファトが、「ここには、このほかに我々が尋ねることのできる主の預言者はいないのですか」と問うと、
8 イスラエルの王はヨシャファトに答えた。「もう一人、主の御旨を尋ねることのできる者がいます。しかし、彼はわたしに幸運を預言することがなく、災いばかり預言するので、わたしは彼を憎んでいます。イムラの子ミカヤという者です。」ヨシャファトは、「王よ、そのように言ってはなりません」といさめた。
9 そこでイスラエルの王は一人の宦官を呼び、「イムラの子ミカヤを急いで連れて来るように」と言った。
10 イスラエルの王はユダの王ヨシャファトと共に、サマリアの城門の入り口にある麦打ち場で、それぞれ正装して王座に着いていた。預言者たちは皆、その前に出て預言していた。
11 ケナアナの子ツィドキヤが数本の鉄の角を作って、「主はこう言われる。これをもってアラムを突き、殲滅せよ」と言うと、
12 他の預言者たちも皆同様に預言して、「ラモト・ギレアドに攻め上って勝利を得てください。主は敵を王の手にお渡しになります」と言った。
13 ミカヤを呼びに行った使いの者は、ミカヤにこう言い含めた。「いいですか。預言者たちは口をそろえて、王に幸運を告げています。どうかあなたも、彼らと同じように語り、幸運を告げてください。」
14 ミカヤは、「主は生きておられる。主がわたしに言われる事をわたしは告げる」と言って、
15 王のもとに来た。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です