天国に確実に入る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求道者:私は天国に絶対に入りたいと考えています。どうやったら確実に天国に入れるのか教えていただけませんか?

スポンサーリンク

天国に確実に入る方法

伝道者:天国に入るための道は2つあります。実際には1つなのですが、2つあるのです。

求道者:それは初めて聞きました。どういうことなのでしょうか。

伝道者:ご説明しましょう。1つの道には「努力」と書かれています。
つまり、ひたすら自分の努力で一生懸命善行を積んで、罪を避けて生きることで、天国に入ろうということです。

この道は非常に広くて、大人気です。多くの有名人、学者、金持ちなどがこの道を信じて歩んでいます。
実に大勢の人がいるので、みんな安心し、きっとこの道で大丈夫だろうと楽天的になっています。努力の程度は人によって差がありますが、みんな自分は地獄に落ちるほど罪深くはないと考えています。
「テレビや歴史の教科書に出てくる悪人よりは私は正しい人間だ」と判断しているのです。

求道者:その道については知っています。確かに私の周りでも大勢の人がその道を信じています。しかし、その道で本当に天国に入れるのでしょうか。

伝道者:天国に入れるかどうかは、天国がどういう場所かを知ることでわかります。
天国は永遠に続く場所であり、すべて善いものに満ちあふれています。悪いものが一つもないのです。
天国の中心には主なる神様御自身がおられます。その方は完全に聖なる方であり、生身の人間が神様を見るなら即死するほどです。
無限である神様の愛と臨在を常に体験し、飽きることがありません。
そこには、罪も死も苦しみも涙もなく、喜びが泉のように尽きることなく湧き上がるのです。

ところで、悪いものが一つもない天国に悪いものが一つでもある人間が入ることができるでしょうか?

求道者:悪いものが一つでもあったら入ることはできないでしょう。

伝道者:その通りです。天国に努力で入るためには、生まれてから死に至るまで一つの悪もあってはいけません。
その人は行動において、言葉において、心において常に愛に満ちて完全であり、非の打ちどころがありません。
行動においては善を行う機会を一つも逃さず、有り余る財産を常に分け与え、助けを必要としている人を見捨てない。
言葉においては一つの嘘偽りがなく、陰口も悪口もなく、みだらな言葉もない。人を建てあげる言葉、励ましと慰めの言葉を時宜にかなって語り、休むことがない。
その心は神様の御心と常に一致しており、神様と隣人への燃えるような愛で満たさており、悪意、姦淫、殺意、貪欲の欠片もありません。

求道者:なんということでしょう!天国がそのような場所なら誰も入ることができないではありませんか!

伝道者:その通りです。努力によって天国に至ろうとする人はことごとく自分の罪によって滅びます。
ところが1人だけこの道で天国に入る資格のある方がいらっしゃいます。その方は神が人間となって地上に来られたイエス・キリストです。このキリストが新しい道を造りました。

求道者:その道について知りたいのです。

伝道者:もう一つの道には「信仰」と書かれています。
つまり、自分の努力ではなく、ただイエス・キリストが私の罪の罰を身代わりに受けて十字架で死んでくださったことを信じる信仰によって天国に至る道です。
この道を歩む人は自分の功績を誇ることなく、ただイエス・キリスト十字架によって罪赦されたことを信じ、神様に栄光を帰します。

この道はせまく、そこを歩む人は少ないのです。
この道は、高慢な者、すなわち、世の知恵ある者、金持ち、宗教家などは決して入ることはできません。

ただ、自分が全く呪われた罪人であり、自分のうちにはなんの希望もなく、地獄こそが自分にふさわしいと、事実をありのままに認める人だけが入れます。

この道はたやすい道ではなく、自分を捨て、自分の十字架を背負って、救い主であるイエス・キリストについて行くことが求められます。
この道を誠実に歩む人には必ず世で苦難や迫害がありますが、最後まで耐え忍ぶ者は救われます。
そして、忠実な者に対して、イエス・キリストは天で永遠の報いが豊かにあることを約束しています。

あなたは確実に天国に入りたいのでしょうか?
そうならば、自分の努力に頼るのをやめて、あなたの罪のために十字架にかけられたイエス・キリストを信じなさい。そうしましょう。いましましょう。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です