洪水で全世界を裁く[創世記7章]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノアに最初に神様が語られてから、いよいよ洪水を起こすときまで100年もありました!(゚O゚)

神様の御言葉を100年間信じる者となりましょう!\(^o^)/

スポンサーリンク

洪水で全世界を裁く[創世記7章]

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
創世記7:1-24
1 主はノアに言われた。「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。この世代の中であなただけはわたしに従う人だと、わたしは認めている。
2 あなたは清い動物をすべて七つがいずつ取り、また、清くない動物をすべて一つがいずつ取りなさい。
3 空の鳥も七つがい取りなさい。全地の面に子孫が生き続けるように。
4 七日の後、わたしは四十日四十夜地上に雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面からぬぐい去ることにした。」
5 ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。
6 ノアが六百歳のとき、洪水が地上に起こり、水が地の上にみなぎった。
7 ノアは妻子や嫁たちと共に洪水を免れようと箱舟に入った。
8 清い動物も清くない動物も、鳥も地を這うものもすべて、
9 二つずつ箱舟のノアのもとに来た。それは神がノアに命じられたとおりに、雄と雌であった。
10 七日が過ぎて、洪水が地上に起こった。
11 ノアの生涯の第六百年、第二の月の十七日、この日、大いなる深淵の源がことごとく裂け、天の窓が開かれた。
12 雨が四十日四十夜地上に降り続いたが、
13 まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に入った。
14 彼らと共にそれぞれの獣、それぞれの家畜、それぞれの地を這うもの、それぞれの鳥、小鳥や翼のあるものすべて、
15 命の霊をもつ肉なるものは、二つずつノアのもとに来て箱舟に入った。
16 神が命じられたとおりに、すべて肉なるものの雄と雌とが来た。主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた。
17 洪水は四十日間地上を覆った。水は次第に増して箱舟を押し上げ、箱舟は大地を離れて浮かんだ。
18 水は勢力を増し、地の上に大いにみなぎり、箱舟は水の面を漂った。
19 水はますます勢いを加えて地上にみなぎり、およそ天の下にある高い山はすべて覆われた。
20 水は勢いを増して更にその上十五アンマに達し、山々を覆った。
21 地上で動いていた肉なるものはすべて、鳥も家畜も獣も地に群がり這うものも人も、ことごとく息絶えた。
22 乾いた地のすべてのもののうち、その鼻に命の息と霊のあるものはことごとく死んだ。
23 地の面にいた生き物はすべて、人をはじめ、家畜、這うもの、空の鳥に至るまでぬぐい去られた。彼らは大地からぬぐい去られ、ノアと、彼と共に箱舟にいたものだけが残った。
24 水は百五十日の間、地上で勢いを失わなかった。

ヘブライ人への手紙11:7
信仰によって、ノアはまだ見ていない事柄について神のお告げを受けたとき、恐れかしこみながら、自分の家族を救うために箱舟を造り、その信仰によって世界を罪に定め、また信仰に基づく義を受け継ぐ者となりました。

ペトロの手紙二2:5
また、神は昔の人々を容赦しないで、不信心な者たちの世界に洪水を引き起こし、義を説いていたノアたち八人を保護なさったのです。

ヨハネによる福音書12:36
光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」
イエスを信じない者たち
イエスはこれらのことを話してから、立ち去って彼らから身を隠された。

ヨブ記1:21
「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」

ペトロの手紙一3:20-22
20 この霊たちは、ノアの時代に箱舟が作られていた間、神が忍耐して待っておられたのに従わなかった者です。この箱舟に乗り込んだ数人、すなわち八人だけが水の中を通って救われました。
21 この水で前もって表された洗礼は、今やイエス・キリストの復活によってあなたがたをも救うのです。洗礼は、肉の汚れを取り除くことではなくて、神に正しい良心を願い求めることです。
22 キリストは、天に上って神の右におられます。天使、また権威や勢力は、キリストの支配に服しているのです。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届かない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です