[マタイ福音書21:1-11]小ろばでエルサレム入城

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

棕櫚(しゅろ)の主日とか、枝の主日とか言われるこの日、
イエス様はエルサレムに入城しました!

イエス様は群衆たちに盛大に迎えられ、「ホサナ!」と叫ぶ歓呼のパレードの中、小ろばに乗って行進します!

なぜ小ろば!?/^o^\

※ペルシャの王が白馬に乗っていたとは書いてありません(;´Д`)私の想像の産物ですm(_ _)m冠はかぶってましたよ!

スポンサーリンク

[マタイ福音書21:1-11]小ろばでエルサレム入城

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書21:1-11
1 一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山沿いのベトファゲに来たとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、
2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。
3 もし、だれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」
4 それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
5 「シオンの娘に告げよ。『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、/柔和な方で、ろばに乗り、/荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」
6 弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、
7 ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。
8 大勢の群衆が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。
9 そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」
10 イエスがエルサレムに入られると、都中の者が、「いったい、これはどういう人だ」と言って騒いだ。
11 そこで群衆は、「この方は、ガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言った。

ヨハネによる福音書12:1
過越祭の六日前に、イエスはベタニアに行かれた。そこには、イエスが死者の中からよみがえらせたラザロがいた。

詩編118:25-26
25 どうか主よ、わたしたちに救いを。どうか主よ、わたしたちに栄えを。
26 祝福あれ、主の御名によって来る人に。わたしたちは主の家からあなたたちを祝福する。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、何か聖書について疑問があれば内容によっては動画を作成してお答えします。

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です