救いの三段階

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖書には救いという言葉が何度もでてきます。
そして、一見するとそれぞれの記述が相互に矛盾しているように見えることがあります(;´Д`)

そうすると、救いが何かということについて混乱してしまいますが、それは救いという言葉が聖書では三つの異なる意味で使われていることを知らないからです!\(^o^)/

スポンサーリンク

救いの三段階

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
使徒言行録16:31
二人は言った。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」

フィリピの信徒への手紙2:12
だから、わたしの愛する人たち、いつも従順であったように、わたしが共にいるときだけでなく、いない今はなおさら従順でいて、恐れおののきつつ自分の救いを達成するように努めなさい。

ヘブライ人への手紙9:28
キリストも、多くの人の罪を負うためにただ一度身を献げられた後、二度目には、罪を負うためではなく、御自分を待望している人たちに、救いをもたらすために現れてくださるのです。

ローマの信徒への手紙1:16
わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、何か聖書について疑問があれば内容によっては動画を作成してお答えします。

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です