悪霊追い出しの教会を訪問すべくフィリピン旅行に出発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンへ発つためのバスの中で書いています。
スキマ時間の有効利用!!!!

スポンサーリンク

悪霊追い出しの教会を訪問すべくフィリピン旅行に出発

6日から9日までフィリピンに短い旅行に行ってきます。
旅の最中もYouTubeはいつも通り撮っておいたものが公開されます。

フィリピンはスペインに300年間、そのあとアメリカに戦後まで植民地化されていた国です。

カトリックの割合が国民の80%と多いですが、プロテスタントの強力な教会もあります。

今回フィリピンに行こうと思ったきっかけはフィリピンのリバイバルに関するメッセージを神学校で何度も聞いたからです。

1950年代、レスター・サムロール宣教師がフィリピンの片田舎で牧会していたころ、マニラで売春をしていた少女が警察に逮捕されました。

その少女は拘留中に悪霊現象が現れ、悪霊が彼女に噛み付くので、体中に噛み跡がつき、出血しました。
そのことは大ニュースになり、医者、カウンセラー、カトリックの神父など、多くの人が少女を助けようとしましたが、悪霊が起こす恐ろしい現象の前に手も足も出ませんでした。

サムロール宣教師は田舎で牧会中にそのことを知り、執り成して祈りました。「主よ、少女のために誰かを遣わして少女を救ってください」すると「あなたが行きなさい!」と答えがありました。

そこで忙しく牧会していた田舎を後にしてマニラに行き、断食して祈りながら3日間悪霊の追い出しをしたところ、完全に解放されました。

マニラ市長はそのことに感謝して、「何か必要なことはありますか?私ができることであれば何でもしますよ?」と言ったので、サムロール宣教師は「公園を6週間貸してください。人々に語りたいことがたくさんあるのです!」と頼みました。

サムロール宣教師は公園で6週間野外集会を開きました。悪霊追い出しのニュースを聞いた人々が訪れ、6週間の集会で数万人がイエス・キリストを信じて受け入れる御業が起こりました。

サムロール宣教師は田舎での牧会をキャンセルしてマニラでCathedral of Praiseという教会を始め、24000人のメンバーを擁する教会に成長しています。

ただ海外旅行に行くのではなく、そういうリバイバルが起こったところを訪れて学びたい、そこの霊性を吸収したいというのがあります( ・ㅂ・)و

今回の旅行ではその教会とフィリピンの友人が通っているフィリピン最大の教会グループのVictory Churchにも行く予定です。
現地ではフィリピン人の友人が案内してくれるので安心です(^O^)

たぶん戻ってきたあとレポートを書きます_φ(・∀・ )♪
行ってきます!!

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です