バベルの塔[創世記11章]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神に逆らって散らされないようにしようとした人間への対抗措置として、神は人々の言葉をバラバラにしてしまいます。

すべての言語のもとは、このときに神が発明したのです。そして、言語を研究するとそのことが確かな事実であることを知ることができます(゚O゚)

スポンサーリンク

バベルの塔[創世記11章]

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
創世記11:1-32
1 世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。
2 東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。
3 彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。
4 彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。
5 主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、
6 言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。
7 我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」
8 主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。
9 こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。
10 セムの系図は次のとおりである。セムが百歳になったとき、アルパクシャドが生まれた。それは洪水の二年後のことであった。
11 セムは、アルパクシャドが生まれた後五百年生きて、息子や娘をもうけた。
12 アルパクシャドが三十五歳になったとき、シェラが生まれた。
13 アルパクシャドは、シェラが生まれた後四百三年生きて、息子や娘をもうけた。
14 シェラが三十歳になったとき、エベルが生まれた。
15 シェラは、エベルが生まれた後四百三年生きて、息子や娘をもうけた。
16 エベルが三十四歳になったとき、ペレグが生まれた。
17 エベルは、ペレグが生まれた後四百三十年生きて、息子や娘をもうけた。
18 ペレグが三十歳になったとき、レウが生まれた。
19 ペレグは、レウが生まれた後二百九年生きて、息子や娘をもうけた。
20 レウが三十二歳になったとき、セルグが生まれた。
21 レウは、セルグが生まれた後二百七年生きて、息子や娘をもうけた。
22 セルグが三十歳になったとき、ナホルが生まれた。
23 セルグは、ナホルが生まれた後二百年生きて、息子や娘をもうけた。
24 ナホルが二十九歳になったとき、テラが生まれた。
25 ナホルは、テラが生まれた後百十九年生きて、息子や娘をもうけた。
26 テラが七十歳になったとき、アブラム、ナホル、ハランが生まれた。
27 テラの系図は次のとおりである。テラにはアブラム、ナホル、ハランが生まれた。ハランにはロトが生まれた。
28 ハランは父のテラより先に、故郷カルデアのウルで死んだ。
29 アブラムとナホルはそれぞれ妻をめとった。アブラムの妻の名はサライ、ナホルの妻の名はミルカといった。ミルカはハランの娘である。ハランはミルカとイスカの父であった。
30 サライは不妊の女で、子供ができなかった。
31 テラは、息子アブラムと、ハランの息子で自分の孫であるロト、および息子アブラムの妻で自分の嫁であるサライを連れて、カルデアのウルを出発し、カナン地方に向かった。彼らはハランまで来ると、そこにとどまった。
32 テラは二百五年の生涯を終えて、ハランで死んだ。

使徒言行録2:1-12
1 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
2 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。
3 そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
4 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。
5 さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、
6 この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。
7 人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。
8 どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。
9 わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、
10 フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、
11 ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」
12 人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。

ヨシュア記24:2
ヨシュアは民全員に告げた。「イスラエルの神、主はこう言われた。『あなたたちの先祖は、アブラハムとナホルの父テラを含めて、昔ユーフラテス川の向こうに住み、他の神々を拝んでいた。

使徒言行録7:2-3
2 そこで、ステファノは言った。「兄弟であり父である皆さん、聞いてください。わたしたちの父アブラハムがメソポタミアにいて、まだハランに住んでいなかったとき、栄光の神が現れ、
3 『あなたの土地と親族を離れ、わたしが示す土地に行け』と言われました。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届かない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です