互いの重荷を担い合う[ガラテヤ6:1-10]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手紙の締めくくりにあたっての様々な命令が書かれています。
これらは肉の業ではなく、霊の実を結ぶにあたっての実生活へのあてはめとなっています。

スポンサーリンク

互いの重荷を担い合う[ガラテヤ6:1-10]

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ガラテヤの信徒への手紙6:1-10
1 兄弟たち、万一だれかが不注意にも何かの罪に陥ったなら、“霊”に導かれて生きているあなたがたは、そういう人を柔和な心で正しい道に立ち帰らせなさい。あなた自身も誘惑されないように、自分に気をつけなさい。
2 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。
3 実際には何者でもないのに、自分をひとかどの者だと思う人がいるなら、その人は自分自身を欺いています。
4 各自で、自分の行いを吟味してみなさい。そうすれば、自分に対してだけは誇れるとしても、他人に対しては誇ることができないでしょう。
5 めいめいが、自分の重荷を担うべきです。
6 御言葉を教えてもらう人は、教えてくれる人と持ち物をすべて分かち合いなさい。
7 思い違いをしてはいけません。神は、人から侮られることはありません。人は、自分の蒔いたものを、また刈り取ることになるのです。
8 自分の肉に蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、霊に蒔く者は、霊から永遠の命を刈り取ります。
9 たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります。
10 ですから、今、時のある間に、すべての人に対して、特に信仰によって家族になった人々に対して、善を行いましょう。

ヨハネによる福音書13:34-35
34 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
35 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届かない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です