どうして信じられよう!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人々を救いに導く上では、立派な行いによって証しすることや祈りをすることが大事です。

それと共にこれだけは絶対に必要というものがあります!\(^o^)/

スポンサーリンク

どうして信じられよう!?

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書5:16
そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」

ヨハネの手紙一5:11
その証しとは、神が永遠の命をわたしたちに与えられたこと、そして、この命が御子の内にあるということです。

ローマの信徒への手紙10:13-15
13 「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」のです。
14 ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう。
15 遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。

コリントの信徒への手紙一1:21
世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。それは神の知恵にかなっています。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです。

使徒言行録14:12
そして、バルナバを「ゼウス」と呼び、またおもに話す者であることから、パウロを「ヘルメス」と呼んだ。

使徒言行録18:9
ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届かない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です