未成年の相続人が期日を迎える[ガラテヤ4:1-7]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未成年の相続人は所有者であっても父親が定めた期日を迎えるまで財産を実際に自分で管理できません。

私たちにも約束のものを受ける期日が定められていました。
それがイエス・キリストの来臨です!\(^o^)/
キリストの来臨によって歴史は大転換します!(ง ˙ω˙)ว 

スポンサーリンク

未成年の相続人が期日を迎える[ガラテヤ4:1-7]

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ガラテヤの信徒への手紙4:1-7
1 つまり、こういうことです。相続人は、未成年である間は、全財産の所有者であっても僕と何ら変わるところがなく、
2 父親が定めた期日までは後見人や管理人の監督の下にいます。
3 同様にわたしたちも、未成年であったときは、世を支配する諸霊に奴隷として仕えていました。
4 しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。
5 それは、律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子となさるためでした。
6 あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。
7 ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子であれば、神によって立てられた相続人でもあるのです。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届かない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です