国籍も身分も性別もなく[ガラテヤ3:21-29]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

律法の役割は養育係として人間をキリストのもとに連行することです。
では養育係のもとを離れたらどうなるのでしょうか(?ω?)

スポンサーリンク

国籍も身分も性別もなく[ガラテヤ3:21-29]

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ガラテヤの信徒への手紙3:21-29
21 それでは、律法は神の約束に反するものなのでしょうか。決してそうではない。万一、人を生かすことができる律法が与えられたとするなら、確かに人は律法によって義とされたでしょう。
22 しかし、聖書はすべてのものを罪の支配下に閉じ込めたのです。それは、神の約束が、イエス・キリストへの信仰によって、信じる人々に与えられるようになるためでした。
23 信仰が現れる前には、わたしたちは律法の下で監視され、この信仰が啓示されるようになるまで閉じ込められていました。
24 こうして律法は、わたしたちをキリストのもとへ導く養育係となったのです。わたしたちが信仰によって義とされるためです。
25 しかし、信仰が現れたので、もはや、わたしたちはこのような養育係の下にはいません。
26 あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。
27 洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。
28 そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。
29 あなたがたは、もしキリストのものだとするなら、とりもなおさず、アブラハムの子孫であり、約束による相続人です。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届かない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です