聖典の編纂時に真実が偽典や外典とされて闇に葬られたのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖書には収録されなかった書物は実はたくさんあります。
そのような書物の存在を知って、「これらの書物にこそ真実が書いてあったのに偽典や外典として教会の指導者たちによって除外されてしまったのではないか!?」と疑う人もいます(^_^;)

ダヴィンチコードなんかはそういうのをテーマにした本なのですが、実際のところどうなのか!?

スポンサーリンク

聖典の編纂時に真実が偽典や外典とされて闇に葬られたのか

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ヨハネの手紙一4:1-3
1 愛する者たち、どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい。偽預言者が大勢世に出て来ているからです。
2 イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。
3 イエスのことを公に言い表さない霊はすべて、神から出ていません。これは、反キリストの霊です。かねてあなたがたは、その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。

テモテへの手紙二3:16
聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です