キリストの復活の歴史的証拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キリストの復活は神の存在証明の中で一番重要なものです。なぜなら、神がおられることがわかるだけでなく、神がどのようなお方かまでわかるからです。
神は実に死ぬほどあなたを愛しておられます。

キリストの復活はあらゆる反論を寄せ付けないという点において完璧です。

スポンサーリンク

キリストの復活の歴史的証拠

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【この動画と過去の動画からわかること】
・聖書は改竄されていない。
・復活の記事は目撃者の証言だから神話ではない。
・イエスは仮死状態だったわけではなく確実に死んだ。
・ユダヤ人の間に広まった話からイエスの死体は確かに墓に葬られて番兵がいたにもかかわらず墓は空っぽになった。
・マグダラのマリアがイエスの復活の最初の目撃者。
・イエスの弟子と反対者たちは復活したイエスに出会って別人になった。
・目撃者は幻を見たわけではない。
・死んだのが別人だったわけではない。
・死体を盗んで復活を偽装したわけでもない。

【推薦図書】
タイトル:ナザレのイエスは神の子か
著者:リー・ストロベル

タイトル:キリストは神か偽善者か
著者:ジョシュ・マクドウェル

【聖書箇所】
ヨハネによる福音書19:33-35
33 イエスのところに来てみると、既に死んでおられたので、その足は折らなかった。
34 しかし、兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。
35 それを目撃した者が証ししており、その証しは真実である。その者は、あなたがたにも信じさせるために、自分が真実を語っていることを知っている。

マタイによる福音書28:11-15
11 婦人たちが行き着かないうちに、数人の番兵は都に帰り、この出来事をすべて祭司長たちに報告した。
12 そこで、祭司長たちは長老たちと集まって相談し、兵士たちに多額の金を与えて、
13 言った。「『弟子たちが夜中にやって来て、我々の寝ている間に死体を盗んで行った』と言いなさい。
14 もしこのことが総督の耳に入っても、うまく総督を説得して、あなたがたには心配をかけないようにしよう。」
15 兵士たちは金を受け取って、教えられたとおりにした。この話は、今日に至るまでユダヤ人の間に広まっている。

コリントの信徒への手紙一15:5-8
5 ケファに現れ、その後十二人に現れたことです。
6 次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ、大部分は今なお生き残っています。
7 次いで、ヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ、
8 そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。

ヤコブの手紙1:1
神と主イエス・キリストの僕であるヤコブが、離散している十二部族の人たちに挨拶いたします。

ルカによる福音書23:34
〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。

コリントの信徒への手紙一15:12-19
12 キリストは死者の中から復活した、と宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、死者の復活などない、と言っているのはどういうわけですか。
13 死者の復活がなければ、キリストも復活しなかったはずです。
14 そして、キリストが復活しなかったのなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。
15 更に、わたしたちは神の偽証人とさえ見なされます。なぜなら、もし、本当に死者が復活しないなら、復活しなかったはずのキリストを神が復活させたと言って、神に反して証しをしたことになるからです。
16 死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかったはずです。
17 そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。
18 そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。
19 この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です