ファリサイ派、サドカイ派、ヘロデ派、熱心党、エッセネ派

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖書は神様の私たちに対するメッセージが書かれています。しかし、聖書の舞台は数千年前のイスラエルです!/^o^\だから、舞台背景を知らないとよく意味がわからないということがあります。
そこで、聖書をよく理解できるようにするために、特に新約聖書に出てくるユダヤ人の5つの党派を紹介します!\(^o^)/

スポンサーリンク

ファリサイ派、サドカイ派、ヘロデ派、熱心党、エッセネ派

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【説明の開始時間】
ファリサイ派
01:13
サドカイ派
09:34
ヘロデ派
15:00
熱心党
26:20
エッセネ派
33:09

【聖書箇所】
使徒言行録23:8
サドカイ派は復活も天使も霊もないと言い、ファリサイ派はこのいずれをも認めているからである。

マルコによる福音書7:6-7
6 イエスは言われた。「イザヤは、あなたたちのような偽善者のことを見事に預言したものだ。彼はこう書いている。『この民は口先ではわたしを敬うが、/その心はわたしから遠く離れている。
7 人間の戒めを教えとしておしえ、/むなしくわたしをあがめている。』

ヨハネによる福音書5:18
このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。

ヨハネによる福音書11:47-48
47 そこで、祭司長たちとファリサイ派の人々は最高法院を召集して言った。「この男は多くのしるしを行っているが、どうすればよいか。
48 このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう。」

マタイによる福音書22:39
イエスはお答えになった。「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている。

使徒言行録26:26-29
26 王はこれらのことについてよくご存じですので、はっきりと申し上げます。このことは、どこかの片隅で起こったのではありません。ですから、一つとしてご存じないものはないと、確信しております。
27 アグリッパ王よ、預言者たちを信じておられますか。信じておられることと思います。」
28 アグリッパはパウロに言った。「短い時間でわたしを説き伏せて、キリスト信者にしてしまうつもりか。」
29 パウロは言った。「短い時間であろうと長い時間であろうと、王ばかりでなく、今日この話を聞いてくださるすべての方が、私のようになってくださることを神に祈ります。このように鎖につながれることは別ですが。」

使徒言行録5:39
その後、住民登録の時、ガリラヤのユダが立ち上がり、民衆を率いて反乱を起こしたが、彼も滅び、つき従った者も皆、ちりぢりにさせられた。

マタイによる福音書26:52
そこで、イエスは言われた。「剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる。

コロサイの信徒への手紙1:20
その十字架の血によって平和を打ち立て、地にあるものであれ、天にあるものであれ、万物をただ御子によって、御自分と和解させられました。

イザヤ書40:3
呼びかける声がある。主のために、荒れ野に道を備え/わたしたちの神のために、荒れ地に広い道を通せ。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です