[マタイ福音書27:27-44]十字架につけられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエス・キリストは兵士たちに侮辱された挙句、
十字架につけられました。
十字架上でも群衆、祭司長たち、強盗たちに散々ののしられました。

十字架の前に立ちましょう。
イエス・キリストを十字架につけたのは誰でしょうか?

スポンサーリンク

[マタイ福音書27:27-44]十字架につけられる

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書27:27-40
27 それから、総督の兵士たちは、イエスを総督官邸に連れて行き、部隊の全員をイエスの周りに集めた。
28 そして、イエスの着ている物をはぎ取り、赤い外套を着せ、
29 茨で冠を編んで頭に載せ、また、右手に葦の棒を持たせて、その前にひざまずき、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、侮辱した。
30 また、唾を吐きかけ、葦の棒を取り上げて頭をたたき続けた。
31 このようにイエスを侮辱したあげく、外套を脱がせて元の服を着せ、十字架につけるために引いて行った。
32 兵士たちは出て行くと、シモンという名前のキレネ人に出会ったので、イエスの十字架を無理に担がせた。
33 そして、ゴルゴタという所、すなわち「されこうべの場所」に着くと、
34:マタイによる福音書/ 27章 34節
苦いものを混ぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはなめただけで、飲もうとされなかった。
35 彼らはイエスを十字架につけると、くじを引いてその服を分け合い、
36 そこに座って見張りをしていた。
37 イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王イエスである」と書いた罪状書きを掲げた。
38 折から、イエスと一緒に二人の強盗が、一人は右にもう一人は左に、十字架につけられていた。
39 そこを通りかかった人々は、頭を振りながらイエスをののしって、
40 言った。「神殿を打ち倒し、三日で建てる者、神の子なら、自分を救ってみろ。そして十字架から降りて来い。」
41 同じように、祭司長たちも律法学者たちや長老たちと一緒に、イエスを侮辱して言った。
42 「他人は救ったのに、自分は救えない。イスラエルの王だ。今すぐ十字架から降りるがいい。そうすれば、信じてやろう。
43 神に頼っているが、神の御心ならば、今すぐ救ってもらえ。『わたしは神の子だ』と言っていたのだから。」
44 一緒に十字架につけられた強盗たちも、同じようにイエスをののしった。

フィリピの信徒への手紙1:29
つまり、あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。

イザヤ書53:5
彼が刺し貫かれたのは/わたしたちの背きのためであり/彼が打ち砕かれたのは/わたしたちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによって/わたしたちに平和が与えられ/彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です