[マタイ福音書27:11-26]ピラトの責任とバラバの釈放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピラトはイエス様に感銘を受け、無罪を確信しつつも、群衆に流されてイエス様を十字架にかけることにしました。
ピラトは自分に責任がないことを示すために水で手を洗いましたが、責任を逃れることはできたのでしょうか?

一方、バラバという悪名高い囚人が死刑を待っていましたが、思いがけずイエス様が十字架にかかるお陰で釈放されました。
バラバは何か善いことをしたから救われたのでしょうか?

スポンサーリンク

[マタイ福音書27:11-26]ピラトの責任とバラバの釈放

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書27:11-26
11 さて、イエスは総督の前に立たれた。総督がイエスに、「お前がユダヤ人の王なのか」と尋問すると、イエスは、「それは、あなたが言っていることです」と言われた。
12 祭司長たちや長老たちから訴えられている間、これには何もお答えにならなかった。
13 するとピラトは、「あのようにお前に不利な証言をしているのに、聞こえないのか」と言った。
14 それでも、どんな訴えにもお答えにならなかったので、総督は非常に不思議に思った。
15 ところで、祭りの度ごとに、総督は民衆の希望する囚人を一人釈放することにしていた。
16 そのころ、バラバ・イエスという評判の囚人がいた。
17 ピラトは、人々が集まって来たときに言った。「どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアといわれるイエスか。」
18 人々がイエスを引き渡したのは、ねたみのためだと分かっていたからである。
19 一方、ピラトが裁判の席に着いているときに、妻から伝言があった。「あの正しい人に関係しないでください。その人のことで、わたしは昨夜、夢で随分苦しめられました。」
20 しかし、祭司長たちや長老たちは、バラバを釈放して、イエスを死刑に処してもらうようにと群衆を説得した。
21 そこで、総督が、「二人のうち、どちらを釈放してほしいのか」と言うと、人々は、「バラバを」と言った。
22 ピラトが、「では、メシアといわれているイエスの方は、どうしたらよいか」と言うと、皆は、「十字架につけろ」と言った。
23 ピラトは、「いったいどんな悪事を働いたというのか」と言ったが、群衆はますます激しく、「十字架につけろ」と叫び続けた。
24 ピラトは、それ以上言っても無駄なばかりか、かえって騒動が起こりそうなのを見て、水を持って来させ、群衆の前で手を洗って言った。「この人の血について、わたしには責任がない。お前たちの問題だ。」
25 民はこぞって答えた。「その血の責任は、我々と子孫にある。」
26 そこで、ピラトはバラバを釈放し、イエスを鞭打ってから、十字架につけるために引き渡した。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です