[マタイ福音書26:69-27:10]イエスを三度否定したペトロと裏切ったユダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主の弟子にとって、「私はクリスチャンです!」と言って旗印を明らかにすることは重要です。

ところがペトロはあろうことか追い詰められてイエス様を三度も否定してしまいますヾ(・ω・`;)ノ

ペトロは大号泣しました。
そしてユダはイエス様を裏切ったことを後悔しました。

同じように罪を犯したペトロとユダは似ていますが、全く異なる結末をたどることになります。何が違いを生んだのでしょうか。

スポンサーリンク

[マタイ福音書26:69-27:10]イエスを三度否定したペトロと裏切ったユダ

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書26:69-27:10
69 ペトロは外にいて中庭に座っていた。そこへ一人の女中が近寄って来て、「あなたもガリラヤのイエスと一緒にいた」と言った。
70 ペトロは皆の前でそれを打ち消して、「何のことを言っているのか、わたしには分からない」と言った。
71 ペトロが門の方に行くと、ほかの女中が彼に目を留め、居合わせた人々に、「この人はナザレのイエスと一緒にいました」と言った。
72 そこで、ペトロは再び、「そんな人は知らない」と誓って打ち消した。
73 しばらくして、そこにいた人々が近寄って来てペトロに言った。「確かに、お前もあの連中の仲間だ。言葉遣いでそれが分かる。」
74 そのとき、ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら、「そんな人は知らない」と誓い始めた。するとすぐ、鶏が鳴いた。
75 ペトロは、「鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われたイエスの言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。
27:1 夜が明けると、祭司長たちと民の長老たち一同は、イエスを殺そうと相談した。
2 そして、イエスを縛って引いて行き、総督ピラトに渡した。
3 そのころ、イエスを裏切ったユダは、イエスに有罪の判決が下ったのを知って後悔し、銀貨三十枚を祭司長たちや長老たちに返そうとして、
4 「わたしは罪のない人の血を売り渡し、罪を犯しました」と言った。しかし彼らは、「我々の知ったことではない。お前の問題だ」と言った。
5 そこで、ユダは銀貨を神殿に投げ込んで立ち去り、首をつって死んだ。
6 祭司長たちは銀貨を拾い上げて、「これは血の代金だから、神殿の収入にするわけにはいかない」と言い、
7 相談のうえ、その金で「陶器職人の畑」を買い、外国人の墓地にすることにした。
8 このため、この畑は今日まで「血の畑」と言われている。
9 こうして、預言者エレミヤを通して言われていたことが実現した。「彼らは銀貨三十枚を取った。それは、値踏みされた者、すなわち、イスラエルの子らが値踏みした者の価である。
10 主がわたしにお命じになったように、彼らはこの金で陶器職人の畑を買い取った。」

ローマの信徒への手紙10:9-10
9 口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。
10 実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです。

マルコによる福音書8:38
神に背いたこの罪深い時代に、わたしとわたしの言葉を恥じる者は、人の子もまた、父の栄光に輝いて聖なる天使たちと共に来るときに、その者を恥じる。」

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です