[マタイ福音書26:57-68]真夜中の不法な裁判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエス様の不当逮捕の首謀者は旧約の大祭司たるカイアファです。
彼は真夜中に偽証人だらけの不法な裁判を開きました。
最初から結論の決まっている茶番劇です!/^o^\

しかし、新約の大祭司たるイエス様はそのような孤立無援の状況の中でもすばらしい証しをなさいます!\(^o^)/

スポンサーリンク

[マタイ福音書26:57-68]真夜中の不法な裁判

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書26:57-68
57 人々はイエスを捕らえると、大祭司カイアファのところへ連れて行った。そこには、律法学者たちや長老たちが集まっていた。
58 ペトロは遠く離れてイエスに従い、大祭司の屋敷の中庭まで行き、事の成り行きを見ようと、中に入って、下役たちと一緒に座っていた。
59 さて、祭司長たちと最高法院の全員は、死刑にしようとしてイエスにとって不利な偽証を求めた。
60 偽証人は何人も現れたが、証拠は得られなかった。最後に二人の者が来て、
61 「この男は、『神の神殿を打ち倒し、三日あれば建てることができる』と言いました」と告げた。
62 そこで、大祭司は立ち上がり、イエスに言った。「何も答えないのか、この者たちがお前に不利な証言をしているが、どうなのか。」
63 イエスは黙り続けておられた。大祭司は言った。「生ける神に誓って我々に答えよ。お前は神の子、メシアなのか。」
64 イエスは言われた。「それは、あなたが言ったことです。しかし、わたしは言っておく。あなたたちはやがて、/人の子が全能の神の右に座り、/天の雲に乗って来るのを見る。」
65 そこで、大祭司は服を引き裂きながら言った。「神を冒涜した。これでもまだ証人が必要だろうか。諸君は今、冒涜の言葉を聞いた。
66 どう思うか。」人々は、「死刑にすべきだ」と答えた。
67 そして、イエスの顔に唾を吐きかけ、こぶしで殴り、ある者は平手で打ちながら、
68 「メシア、お前を殴ったのはだれか。言い当ててみろ」と言った。

ヘブライ人への手紙4:14
さて、わたしたちには、もろもろの天を通過された偉大な大祭司、神の子イエスが与えられているのですから、わたしたちの公に言い表している信仰をしっかり保とうではありませんか。

ヘブライ人への手紙7:24-25
24 しかし、イエスは永遠に生きているので、変わることのない祭司職を持っておられるのです。
25 それでまた、この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。

イザヤ書53:6-7
6 わたしたちは羊の群れ/道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。そのわたしたちの罪をすべて/主は彼に負わせられた。
7 苦役を課せられて、かがみ込み/彼は口を開かなかった。屠り場に引かれる小羊のように/毛を刈る者の前に物を言わない羊のように/彼は口を開かなかった。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください\(^o^)/
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、伝道を助けてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください((*_ _)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です