十字架のつまずき─死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十字架の本質は死をもたらすところにあります。
イエス様にどこまでも離れずについていった弟子たちも十字架の死を前にして逃げてしまいました。

イエス様はキリストに従う者すべてがこの十字架の死を経験しなければならないことを教えています。

このイエス様のチャレンジを信仰によって受けて立つ私たちになりましょう!\(^o^)/

スポンサーリンク

十字架のつまずき─死

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書8:20
イエスは言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」

マルコによる福音書14:27
イエスは弟子たちに言われた。「あなたがたは皆わたしにつまずく。『わたしは羊飼いを打つ。すると、羊は散ってしまう』/と書いてあるからだ。

ルカによる福音書9:23
それから、イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。

ローマの信徒への手紙6:6-7
6 わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。
7 死んだ者は、罪から解放されています。

ガラテヤの信徒への手紙5:24
キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。

フィリピの信徒への手紙2:6-8
6 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、
7 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、
8 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

ヨハネによる福音書15:20
『僕は主人にまさりはしない』と、わたしが言った言葉を思い出しなさい。人々がわたしを迫害したのであれば、あなたがたをも迫害するだろう。わたしの言葉を守ったのであれば、あなたがたの言葉をも守るだろう。

マタイによる福音書5:11-12
11 わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
12 喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、何か聖書について疑問があれば内容によっては動画を作成してお答えします。

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です