聖書の正確性に関する考古学的な証拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖書の特徴の1つとして挙げられるのは歴史性です!

聖書は教えばかり書いてある本ではありません。
聖書は抽象的な概念を列挙したものでもありません。
そこには実在する歴史上の人物、地名、出来事等の
歴史的な記述があります。

だから、考古学によってその信頼性を検証できます。
この点、もともと聖書は批判的な学者によって多くの誤りを指摘されてきました。

ところが、新たな発見がなされる度に逆転が起こったのです!\(^o^)/

スポンサーリンク

聖書の正確性に関する考古学的な証拠

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ルカによる福音書3:1
皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアがアビレネの領主、

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)
また、何か聖書について疑問があれば内容によっては動画を作成してお答えします。

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です