シンガポールという国について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールから帰ってきたので旅行記をざっと書いてしまいます_φ(・∀・ )♪

現地ではワードプレスの仕様上管理画面が使えなくなっているので、更新できませんでした。

スポンサーリンク

シンガポールという国について

スクートで行きました。航空券は往復34,000円くらいだったかと思います。
ほとんどの人から「安!!(°_°)」と驚かれます。

友人と一緒に行く予定でしたが諸事情により友人がキャンセルとなり、一人旅となりました。

乗り継ぎのときにタイのドンムアン空港で食べたプリプリチキンチーズバーガー。

シンガポールの空港はチャンギ国際空港です。
数々の賞を受賞した国際的に評価の高い空港です(^-^)

シンガポールの移動手段

ここからバスに乗って1本でAirbnbの宿泊先に着けました。
あんまり下調べせずにバスに飛び乗ったのでキャッシュで払いましたが、普通はスイカやパスモのような交通系カードを使います。

このカードでシンガポール国内のほとんどの交通機関は乗れるようです。
しかもキャッシュで払うよりディスカウントされます。長距離乗っても2$(160円)もいきません。発行に5$かかりますが、一度買えば5年間有効です。

あとは旅行者用に1Day~3Dayパスがそれぞれ10$、15$、20$で買えます。パスが買えるのは特定の駅だけなので注意が必要です。チャンギ空港駅では買えます。(窓口が開いてれば)

バスはあちこち走っていて便利ですが、日本と違って一切とまる駅についての情報が車内で表示されないのでGoogleマップなどを頼りに自分で確認する必要があります( ̄▽ ̄;)
そういう意味ではMRT(電車)の方が気楽ではありますね。

シンガポールの電源プラグ

コンセントの形状が日本と違います。
日本はAですが、シンガポールはBFが主流で、B3も時々あります。宿泊先で変換プラグを貸してくれるところもありますが、念のためご自身で持って行っても良いでしょう。変換プラグは電器屋さんで1個500円程度で買えます。

電圧はAC230Vです。対応してない機器を持っていく場合別途変圧器が必要です。

統計

人口500万人。
民族は中国系、マレー系、インド系で70%を占める他民族国家です。
宗教は仏教/道教40%、キリスト教18%、イスラム教14%などです。

クリスチャンの比率が日本(1%(T_T))と比べても高めなので、メガチャーチがたくさんある!
今回の旅行記もメガチャーチのレポートが中心になります\(^o^)/

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です