祝福と呪いの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アブラハムに与えられた祝福は信仰の子孫である私たちにも適用され、
私たちも絶大な力を持つ祝福と呪いを使うことができます!!\(^o^)/

では、どのように使えば良いのでしょうか!?( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

祝福と呪いの使い方

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ヤコブの手紙3:9-12
9 わたしたちは舌で、父である主を賛美し、また、舌で、神にかたどって造られた人間を呪います。
10 同じ口から賛美と呪いが出て来るのです。わたしの兄弟たち、このようなことがあってはなりません。
11 泉の同じ穴から、甘い水と苦い水がわき出るでしょうか。
12 わたしの兄弟たち、いちじくの木がオリーブの実を結び、ぶどうの木がいちじくの実を結ぶことができるでしょうか。塩水が甘い水を作ることもできません。

ローマの信徒への手紙12:14
あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です