身分の選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちには時として自分の身分を
選択できるときがあります。

そしてその選択は私たちの生死をわけるクリティカルな選択となることが往々にしてあるのです(;^ω^)

あなたにも一つ、身分の選択ができます!!

スポンサーリンク

身分の選択

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
ヘブライ人への手紙11:24-26
24 信仰によって、モーセは成人したとき、ファラオの王女の子と呼ばれることを拒んで、
25 はかない罪の楽しみにふけるよりは、神の民と共に虐待される方を選び、
26 キリストのゆえに受けるあざけりをエジプトの財宝よりまさる富と考えました。与えられる報いに目を向けていたからです。

民数記16:3-7
3 彼らは徒党を組み、モーセとアロンに逆らって言った。「あなたたちは分を越えている。共同体全体、彼ら全員が聖なる者であって、主がその中におられるのに、なぜ、あなたたちは主の会衆の上に立とうとするのか。」
4 モーセはこれを聞くと、面を伏せた。
5 彼はコラとその仲間すべてに言った。「主は明日の朝、主に属する者、聖とされる者を示して、その人を御自身のもとに近づけられる。すなわち、主のお選びになる者を御自身のもとに近づけられる。
6 次のようにしなさい。コラとその仲間はすべて香炉を用意し、
7 それに炭火を入れ、香をたいて、明日、主の御前に出なさい。そのとき主のお選びになる者が聖なる者なのだ。レビの子らよ、分を越えているのはあなたたちだ。」

民数記16:29-33
29 もしこの者たちが人の普通の死に方で死に、人の普通の運命に会うならば、主がわたしを遣わされたのではない。
30 だが、もし主が新しいことを創始されて、大地が口を開き、彼らと彼らに属するものすべてを呑み込み、彼らが生きたまま陰府に落ちるならば、この者たちが主をないがしろにしたことをあなたたちは知るであろう。」
31 こう語り終えるやいなや、彼らの足もとの大地が裂けた。
32 地は口を開き、彼らとコラの仲間たち、その持ち物一切を、家もろとも呑み込んだ。
33 彼らと彼らに属するものはすべて、生きたまま、陰府へ落ち、地がそれを覆った。彼らはこうして、会衆の間から滅び去った。

ヨハネによる福音書8:34-36
34 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。
35 奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。
36 だから、もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。

フィリピの信徒への手紙2:6-8
6 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、
7 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、
8 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。

ローマの信徒への手紙6:16
知らないのですか。あなたがたは、だれかに奴隷として従えば、その従っている人の奴隷となる。つまり、あなたがたは罪に仕える奴隷となって死に至るか、神に従順に仕える奴隷となって義に至るか、どちらかなのです。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です