[マタイ福音書17:1-13]イエスの姿が光り輝く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立派な信仰告白をしながらも
十字架につまずきを覚える弟子たちに対して
主は信仰を強めるために御自分の栄光を現します。

主の栄光の臨在を味わう一度の体験が
私たちの信仰を劇的に飛躍させるのです\(^o^)/

スポンサーリンク

[マタイ福音書17:1-13]イエスの姿が光り輝く

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書箇所】
マタイによる福音書17:1-13
1 六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。
2 イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。
3 見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。
4 ペトロが口をはさんでイエスに言った。「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。お望みでしたら、わたしがここに仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」
5 ペトロがこう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け」という声が雲の中から聞こえた。
6 弟子たちはこれを聞いてひれ伏し、非常に恐れた。
7 イエスは近づき、彼らに手を触れて言われた。「起きなさい。恐れることはない。」
8 彼らが顔を上げて見ると、イエスのほかにはだれもいなかった。
9 一同が山を下りるとき、イエスは、「人の子が死者の中から復活するまで、今見たことをだれにも話してはならない」と弟子たちに命じられた。
10 彼らはイエスに、「なぜ、律法学者は、まずエリヤが来るはずだと言っているのでしょうか」と尋ねた。
11 イエスはお答えになった。「確かにエリヤが来て、すべてを元どおりにする。
12 言っておくが、エリヤは既に来たのだ。人々は彼を認めず、好きなようにあしらったのである。人の子も、そのように人々から苦しめられることになる。」
13 そのとき、弟子たちは、イエスが洗礼者ヨハネのことを言われたのだと悟った。

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です