神の火に焼き尽くされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様にはいろいろな性質があります。

「愛」、「真実」、「義」などがよく
取り上げられますが、神様は“火”であることを
忘れてはいけません(;´・ω・)

神様が焼き尽くす火であるというのは
恐ろしい響きです(;´Д`)

しかし、主イエスの贖いを
受けている身にとっては逆に恵みとなります!\( ‘ω’)/

スポンサーリンク

神の火に焼き尽くされる

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【参照聖句】
ヘブライ人への手紙12:29
実に、わたしたちの神は、焼き尽くす火です。

マタイによる福音書18:8
8 もし片方の手か足があなたをつまずかせるなら、それを切って捨ててしまいなさい。両手両足がそろったまま永遠の火に投げ込まれるよりは、片手片足になっても命にあずかる方がよい。
9 もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。両方の目がそろったまま火の地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても命にあずかる方がよい。」

コリントの信徒への手紙一3:10
10 わたしは、神からいただいた恵みによって、熟練した建築家のように土台を据えました。そして、他の人がその上に家を建てています。ただ、おのおの、どのように建てるかに注意すべきです。
11 イエス・キリストという既に据えられている土台を無視して、だれもほかの土台を据えることはできません。
12 この土台の上に、だれかが金、銀、宝石、木、草、わらで家を建てる場合、
13 おのおのの仕事は明るみに出されます。かの日にそれは明らかにされるのです。なぜなら、かの日が火と共に現れ、その火はおのおのの仕事がどんなものであるかを吟味するからです。
14 だれかがその土台の上に建てた仕事が残れば、その人は報いを受けますが、
15 燃え尽きてしまえば、損害を受けます。ただ、その人は、火の中をくぐり抜けて来た者のように、救われます。

コリントの信徒への手紙一13:13
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

マタイによる福音書3:11-12
11 わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。
12 そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、
お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行います(^-^)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です