[マタイ福音書10:16-33]髪の毛までも一本残らず数えられている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弟子たちは優れた点はありませんでしたが、すぐに派遣されていきました。
それは狼の群れに羊を送り込むようなものでした((+_+))

しかし、主は髪の毛までも一本残らず数えられているほど、私たちを細かく見ておられます。
主の許しなしに私たちが害を受けることは絶対にないのです!ハレルヤ!(‘Д’)

スポンサーリンク

[マタイ福音書10:16-33]髪の毛までも一本残らず数えられている

YouTubeのチャンネル登録はこちらから!

【聖書本文】
16 「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。
17 人々を警戒しなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で鞭打たれるからである。
18 また、わたしのために総督や王の前に引き出されて、彼らや異邦人に証しをすることになる。
19 引き渡されたときは、何をどう言おうかと心配してはならない。そのときには、言うべきことは教えられる。
20 実は、話すのはあなたがたではなく、あなたがたの中で語ってくださる、父の霊である。
21 兄弟は兄弟を、父は子を死に追いやり、子は親に反抗して殺すだろう。
22 また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
23 一つの町で迫害されたときは、他の町へ逃げて行きなさい。はっきり言っておく。あなたがたがイスラエルの町を回り終わらないうちに、人の子は来る。
24 弟子は師にまさるものではなく、僕は主人にまさるものではない。
25 弟子は師のように、僕は主人のようになれば、それで十分である。家の主人がベルゼブルと言われるのなら、その家族の者はもっとひどく言われることだろう。」
26 「人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはないからである。
27 わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ちされたことを、屋根の上で言い広めなさい。
28 体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。
29 二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。
30 あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。
31 だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」
32 「だから、だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。
33 しかし、人々の前でわたしを知らないと言う者は、わたしも天の父の前で、その人を知らないと言う。」

【お問い合わせ】
聖書に興味を持たれた方、学んでみたい方は、お気兼ねなくご連絡ください。
関東では聖書勉強会を定期的に行う予定です。
また、地球の裏側の人でも、時間が合えば
Skypeによる無料聖書講座を受け付けます(^-^)

Email : jesus.christ.is.the.lord19860804@gmail.com
※メールで問い合わせる場合は受信設定でこのメールアドレス許可してください。メールに返信をしても届いていない人がいます。

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です