子供のように神の国を受け入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエスに触れていただくために、人々は乳飲み子までも連れて来た。弟子たちは、これを見て叱った。しかし、イエスは乳飲み子たちを呼び寄せて言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはでにない。」(ルカ18:15-17)

スポンサーリンク

子供のように神の国を受け入れる

神の国にふさわしい者は知識人でも、力の強い者でも、お金持ちでもありません。彼らは逆に神の国に入るのは難しいのです。

この後イエス様は「金持ちが神の国に入るのはラクダが針の穴を通るよりも難しい」と言われました。
つまりほぼ不可能だと言うことです。

イエス様は子供のようでなければならないと言われました。

特にここでは乳飲み子と言っていますので、ほんの生まれたばかりの赤ん坊ということです。

赤ん坊の方が神の国に入るには有利なのです。私たちは赤ん坊から学ばなければなりません。

赤ん坊の優れた点は何でしょうか。
第一に、赤ん坊は全力助けを求めます。自分の力では何もできないからです。

赤ん坊は何もできないので、ひたすら一生懸命泣いて必要を訴えるのです。
ところが、私たちは大人になるにつれて自分の力をあてにするようになります。このことは神様を素直に呼び求めることを難しくするのです。
しかも、自分の力を放棄するよりは、それにしがみついて離れず、ラクダを針の穴に無理矢理通そうとします。

第二に、赤ん坊は情報を何でも素直に吸収します。無知だからです。

神の国に入るためには、実は赤ん坊のように素直に受け入れれば良いだけです。それだけです。
神の国に入るために、聖書をことこまかに研究しなければならないのではありません。
信仰の成長のために御言葉の研究は有益ですが、心がへりくだっていないと何回通読したとしても主を受け入れることすらできないことがあります。

世界中で子供たちを通して大収穫がなされています。
彼らを通して癒しや死人の蘇りが起こり、力の伝道が成されているのです。
大人よりも子供の方がその信仰の純真さにおいて、優れているのです。

実際には、私たちは力があるようでいて、赤ん坊と同じように、罪に対して、死に対して、地獄に対して、無知無力な存在ではありませんか。
さあ、我をはるのはやめにしましょう。両手をあげて主のもとに進み出て助けていただきましょう。
子供のように神の国を受け入れましょう!!

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です