イエス・キリストだけが救いの道だなんて排他的だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不信者:私は神を信じるが、イエス・キリストだけが救いの道だなんていう考えは排他的で独善的だ。
世の中にはたくさんの宗教があり、それぞれ目指すところは一つで、部分的に真理を含んでいる。
だから、それぞれの宗教を認めるべきではないか。

スポンサーリンク

イエス・キリストだけが救いの道だなんて排他的だ

伝道者:あなたはクリスチャンでしょうか。

不信者:そうではない。

伝道者:ではあなたはムスリムでしょうか。

不信者:そうではない。

伝道者:ではあなたは仏教徒でしょうか。

不信者:違う。私は特定の宗教を信じてはいない。

伝道者:それでは、あなたはそれぞれの宗教の核心的な信仰については全面的には同意できないし、もしこの信仰こそが救いだというなら、それは否定するということですか?

不信者:その通りだ。

伝道者:それではあなたはすべての排他的な信仰に対して排他的になっているということになりはしませんか?

不信者:確かに。

伝道者:信仰とは何にせよ排他的なものです。

ところであなたは何によってすべての宗教を認めていると言えるのでしょうか。私は少なくとも一つを信じていますが、あなたはいずれについても全面的には同意できないとおっしゃっています。

不信者:たとえば、それぞれの宗教の倫理道徳的な教えは共通点があり、良いものだと認めています。

伝道者:なるほど、私も倫理道徳的な教えは良いものだと信じています。

しかし、私はいくら道徳的な教えを実践したとしても、私の内には罪がはびこっていて、罪からの救いに達することができないということに気づきました。

私がイエス・キリストを救いの唯一の道であると確信するのは、イエス・キリストは神が人間となった方であり、罪のない完全な生涯を送り、私の罪の身代わりに十字架にかかって死なれたからです。

イエス・キリストのほかに私の罪の身代わりに死んだ方がおられるという話は一度も聞いたことがありません。だから、キリストは唯一の私の救い主なのです。

イエス・キリストはあなたの罪のためにも十字架にかかって死なれました。あなたを愛してそうなさったのです。

あなたはほかの誰かからそのような愛を受けたことがあるでしょうか。もしないのなら、このキリストをいま、あなたの唯一の救い主として、受け入れませんか?

重要なお知らせ
日本のブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です